お茶には多くのカフェインが含まれています。各種医薬品に利用されているカフェインは、覚醒作用、強心作用、大脳の刺激、利尿作用等があり、口中を爽やかにする効果もあります。かつては、カフェインの害が言われたこともありましたが、現在カフェインの発ガン性は否定(日本癌センター・癌研究所の高山博士の実験による)されています。また、カフェイン摂取後に運動すると、グリコーゲンは肝臓に貯蓄され、エネルギー源として脂肪が優先的に利用されるという調査結果もあります(ただし、心臓の弱い方は要注意)。
 
急須と湯のみは、あらかじめ温めておきます。
急須に大サジ2杯の茶葉と、50〜60℃のお湯90ccを入れます(3人分)。
じっくり待って(1〜2分)、さまします。低温でじっくり入れるのがコツ。
濃さが均一になるよう、う、湯のみにまわしつぎます。必ず最後の一滴まで絞りきります。
 
あらかじめ温めた抹茶茶碗に、小サジ半分くらいの抹茶を入れます。
湯を入れて茶せんで細かく泡立つまでまぜます。空気を含ませるようにまぜるのがコツ。
※ケーキなど洋菓子にも合う味わい。料理やお菓子作りにも利用できます。
※茶道具がなければ、カフェオレボールやミニ泡立て器でも代用できます。
 
急須に大サジ2杯の茶葉を入れます。(3人分)
70〜80℃の湯210ccを入れます。電気ポットのお湯ならそのままでOK。
しばらく待ちます(30秒〜1分)。
最後の一滴まで、湯のみに順にまわしつぎます。
 
◆基本…茶葉は、湿気や臭気を嫌います。茶筒・茶缶他、気密性の高い密閉容器に入れ、直射日光の当たらない涼しい場所に保存しましょう。
お茶に含まれるタンニンは、食中毒の原因となる腸炎ビブリオ、ブドウ球菌、ウェルシュ菌などに対し抗菌作用を示すことが明らかになっているほか、腐敗したたんぱく質などを凝固させ、有毒物質の拡散と吸収を防ぐことで食中毒菌の増殖力をそそぐ効果もあります。また、胃腸にたんぱく質の薄い膜を作り、有害物質からの刺激を受けないようにさせる作用もあります。さらに、腸内の悪玉菌に対し抗菌作用を示すので、整腸効果も期待できます。
お茶には多くのカフェインが含まれています。各種医薬品に利用されているカフェインは、覚醒作用、強心作用、大脳の刺激、利尿作用等があり、口中を爽やかにする効果もあります。かつては、カフェインの害が言われたこともありましたが、現在カフェインの発ガン性は否定(日本癌センター・癌研究所の高山博士の実験による)されています。また、カフェイン摂取後に運動すると、グリコーゲンは肝臓に貯蓄され、エネルギー源として脂肪が優先的に利用されるという調査結果もあります(ただし、心臓の弱い方は要注意)。
お茶に含まれる成分は、カフェインのほか、タンニン(カテキン類)、タンパク質、アミノ酸、炭水化物、植物色素(葉緑素、カロチノイド、フラボン誘導体等)、脂質、有機酸、精油、ビタミン及び無機成分など。他の植物に比べ、利尿や代謝亢進を促すカフェインや、抗酸化・血糖上昇制御・抗菌・虫歯予防などの作用があるカテキン類を含み、カロチンやビタミンCやEなどを含むことが特徴です。