独自製法

これが本当の茶の秘宝
手造り樫木炭火入の焙炉製法です。
六代目ホイロ製法を伝承。

当社独自の製法について

八十八夜までに摘んだ新茶の若芽を、全国で唯一の手造り焙炉製法による樫木炭火入れの独特の技術で製造し、マイナス五度Cの冷蔵庫で保管し、真空缶詰で販売しております。
初代より屋号を「宇治屋」と称し、宇治茶を商っておりましたが、五代目が八女茶を育成し、八女茶売り拡めの祖者としても有名でございます。ご賞味ください。

宇治屋が扱うお茶について

玉露

日本茶の中でも、最上級とされるお茶です。
玉露は茶樹の新芽が伸びてきた頃に覆いを被せて陽の光が当らないようにし、大切に育てられます。
上手に淹れることで、甘味を味わうことができます。この甘さは玉露でしか味わえない独特な甘みで、濃厚でありながらも若々しい青さを感じさせる甘さです。
玉露はその味の性質ゆえに、大量に飲むものではありません。
人肌程度のお湯を入れ、ほんの二口か三口程を口に含み、舌の上を転がしながら味わうのが良いとされております。
当店の玉露は代々、八女茶を取り扱っております。

抹茶

抹茶となるお茶は玉露と同じく、直射日光を遮断して育てられます。
葉を蒸した後、風を当ててまとまっている葉をバラバラにし、加熱乾燥させ、最後は石臼で挽いて粉にします。
このお茶の飲み方は、中国から伝来したものと言われております。
抹茶というと、茶道の世界の代物だと思われがちですが、茶葉が持っている豊富な成分のすべてを味わえるお茶でもあることから、東洋医学の観点からも優れた存在として取り扱われてきました。

煎茶

日本茶の中でも、最もスタンダードなお茶です。力強い香りと鮮やかな水色、深みのある味わいを楽しめます。

お茶の効用について

気管支喘息、鼻炎、花粉症などのアレルギー症状を抑制する作用のこと。
外部からチリ、薬物、花粉などの抗原が体内に侵入すると、体内で抗体が作られる。抗体が出来上がった後に、ふたたび上記のような抗原が入ってくると、結合組織内の肥満細胞で抗原抗体反応が起こり、結果として細胞内のヒスタミンなど生理活性物質が遊離し、蕁麻疹様の症状などが現れる。
緑茶に多量に含まれるカテキン、とくにエピガロカテキンガレート(EGCG)は上述のアレルギー症状を抑制する作用を示すが、近年、えCGCが動物の肝臓や腎臓でカテコール-0-メチルトランスフェラーゼの作用で生成する3または4-0-メチルEGCGがEGCGよりさらに強い抗アレルギー作用を示すことが判明した。